FC2ブログ

富士市PTAのつどい

  •   07, 2018 08:22

2 月 3 日 (土)

第41回 富士市PTAのつどい」が行われ
ロゼシアター中ホールには各小中学校から
たくさんのPTAの方々が集まりました。


開会式の中で富士市教育長の山田幸男氏より
来年度から小学校と中学校の連携していく活動

始まるというお話がありました。


【PTA実践活動発表】伝法小学校、須津中学校

 

 Screenshot_20180204-140855-800x450.jpg

 

伝法小学校はドローンでの空撮や、

たくさんの写真を使い、

作り込まれた動画となっていました。


 Screenshot_20180204-141018-800x450.jpg

 

須津中学校は学年懇談会や奉仕作業、

球技大会の様子が動画で紹介され、

活動の内容が分かりやすかったです。


【音 楽 発 表】

 富士本太鼓『源会』大淵第二小学校PTA

 Screenshot_20180204-141738-800x450.jpg


太鼓の音が響いて指が痺れる程、

迫力のある演奏でした。

また源会は地域の子どもを育む体制作りを

推進した功績が認められ、静岡県教育委員会より

表彰されたとのことです。


【パネルディスカッション】
学校経営に手腕を発揮した名物校長先生、

ベテラン養護教諭、

前富士市P連会長をパネラーに迎え
「学校と家庭のこれから」をテーマに、

パネルディスカッションが行われました。


親との関係が希薄な子ども、

教育は学校まかせの親、
悩みを抱え、感情をコントロールできず、

弱いものにあたってしまう子どもたちなど、
近年、親と子、親と先生、子ども同士の関係が

変わってきていることをパネラーの経験談を交えて

紹介していただきました。


まとめとして、

子どもの成長を願う気持ちは

親も先生も以前から変わらないので、
先生と親が協力してPTA活動を活発にし、
しっかりと子ども向き合っていくことが必要である

と、皆さん口を揃えておっしゃっていました。


実際、PTA活動が活発な学校は

子どもたちが健全であるとのことです。
「面倒くさい」「大変

といったイメージが強いPTA活動ですが、
親と子の関わりが深い小中学校の限られた期間に
家庭内だけではなく、

学校生活にも積極的に関わることが大切

だと感じました。


【小・中学校PTA会長紹介】

20180203_153808-800x450.jpg
富士二小の望月崇史さんを含む
小学校27校、中学校16校の会長さんが

紹介されました。


【学校紹介表彰】
各校が学校紹介のパネルを作成し、

投票により優れた作品を表彰するものです。

受賞校は以下です。


優秀作品小学校の部吉原小学校

20180203_123915-800x450.jpg

 

優秀作品中学校の部田子浦中学校

20180203_123248-800x450.jpg
 

最優秀作品吉永第一小学校

20180203_123438-800x450.jpg
各校、手の込んだパネルになっていて意気込みが
ひしひしと伝わってきました。


富士二小のパネルも、けやきの木を中心に
各委員の活動が分かりやすくまとめられ
活動時の楽しさが伝わってくるような
とても素敵なパネルになっていました。 


20180203_124822-800x450.jpg
 

母親委員の皆さま、素敵なパネルを作っていただき
ありがとうございました 

 

初めて参加した富士市PTAのつどい。
PTAの活動は、

たくさんの方々の協力で成り立っているのだなぁと

改めて実感し、

これからも積極的に参加していこうと思える、

とても良い機会になりました。


(成人教育部 石渡)