FC2ブログ

けやきの木とお別れの会

  •   22, 2017 21:31

12月21日 昼休みに
けやきの木を前に
『けやきの木とお別れの会』

がありました。


DSC_0315.jpg


まず、各学年からのメッセージを

けやきの幹に飾りつけ。


DSC_0316.jpg


そして、
代表の子から、けやきへの感謝の言葉。


DSC_0319.jpg


校長先生のお話し。
と、お別れの会はすすみ、
最後に、みんなで大きな声で、けやきに

『ありがとうございました!』
とお礼を言いました。


二小の子どもたちをずーっと見守ってきた

「けやきの木」
樹齢は100年くらいになるそうです。
100年前、1917年頃、大正時代ですね。
その頃日本は第一次世界大戦がありました。
そんな時代に芽を出したけやき。
戦争を乗り越え、大きな災害などにも耐え、

長い間、いろいろな出来事を

見てきたのでしょうね。


二小に来てからは、子どもたちをずーっと見守り、

さりげなく応援していてくれたのだと思います。
そして、子供たちにとってけやきは、

二小のシンボルであるだけでなく、

仲間友達だったようです。


メッセージを読むと、そのことが伝わってきます。
思わず涙が出てしまいました。


少し、紹介します


DSC_0332.jpg

一年生
ちがうものになっても、ずっとわすれないでね。

ぼくたちもわすれないよ。
ずっとともだちだよ。ずっとおぼえているよ。


二年生
だいすきだよ。けやきの木!
今までありがとう。


DSC_0336.jpg

三年生
けやきの木があったから、毎日元気がでたよ。


四年生
暑い日に、影をつくってくれて、

すずしくしてくれてありがとう!


五年生
二小のシンボルとして、

長い間かがやきつづけてくれて

ありがとうございました


DSC_0331.jpg

六年生
今まで私たちを見守ってくれてありがとう。

お疲れさまでした。


メッセージには感謝の気持ちが

びっしり書かれています
きっと、けやきにも届いていることでしょう。
本当にお疲れさまでした


今後は…

寂しいですが、冬休み中に切り倒されます。

その木を使って、何かの形にして残そう

と検討中で、今、子供たちから

アイディアを募集しているそうです。
どんな物に形を変えるか楽しみですね


それから、
木がなくなった場所はどうなるかというと…

実は、
今のけやきの木が、校庭などに種を飛ばし、

新しい芽がいろいろなところから

伸びてきているんですって


DSC_0329.jpg


いくつかある芽の中から、いい芽を選んで、

新たに植える予定です。
命はつながっていくんですね


年明け1月には、

二代目けやきの木お迎えの会」

が行われます。

この二代目けやきの木が、子供たちと一緒に成長し

これからの二小を見守ってくれることでしょう。


最後に…

けやきをバックに記念写真を撮りました。


DSC_0325.jpg


なんと、教頭先生が

体育館の屋根から撮っていました
すごい


DSC_0342.jpg

imamade_arigatou.png


(成人教育部 小川)