FC2ブログ

第2回三校合同子育て講演会に参加して

  •   17, 2017 08:47

11月16日(木)

富士南中学校で開催された

第2回 三校合同子育て講演会

参加してきました。


講師に元NHKアナウンサーで

現在はフリーアナウンサーとして活躍されている

渡辺弥生氏をお迎えして

「人生を輝かせる 言葉のチカラ」と題して

1時間半じっくりとお話を聞いてきました。


IMG_4257.jpg


プロ野球名選手の方々とお仕事をするなかで

彼らの経験や考え方を通じて

「成功の鍵となる

エピソードと共に、

彼女自身の経験や実績を織り交ぜながら

とても楽しく、和やかな講演会でした。


大きな軸となるのは

「言葉には人生を左右するほどの

          チカラがある」

ということ。

子育て講演会ということでしたが、

親である私たち自身に向けての

たくさんのエールがつまった「言葉」を

簡単にご紹介します。


言葉は「暗示」となり、「心」にたまる。

 積極的な言葉は、よい暗示となり、

 自分のカラダを動かす。

 しかし、卑下するような言葉、消極的な言葉は、

 悪い暗示となり、カラダを支配してしまう。


常に積極的な言葉を使う。


なりたい自分を心に思い描く。


自分の力を信じよう!

「やってみなくちゃ、わからない!」


高い「目標」をもって、「努力」をしよう!

「努力」の質をあげるには、「集中」することが一番。


自分を見つめた上で、相手を観察してみる。

 とことん「自己認識」をしてみると、

 自分も相手も見えてくる。


自分自身に、そして、子どもたちに、

今からでもできる「言葉」の声かけのヒントとなることがたくさん詰まったお話しでした。


輝ける未来のある子どもたち。

努力をして、成功を手に入れることができることは

もちろん素晴らしいことです。

しかし、成功も栄光も、その人自身の人生の土台が

きちんとできていないと、受け止めきれないといいます。


「優しくて おもいやりのある人になる。」


「やさしさ」と「おもいやり」

これが、生きていくうえでの大事な土台となる。

人生の成功を導き、おごり高ぶることなく、

自分も、周りの人も幸せにできる

とても大切なことなのかもしれません。


自分の子どもへの声かけって難しいですよね

褒める、励ます、注意する、怒る、怒鳴る、、、

よかれと思ったその一言が、

子どものやる気をそいでしまったり、

思ったほどの効果がなかったり


それでも、突き進むしかないのが子育てです。

じっくり向き合って、その子その子にあった

幸せの鍵」を見つける、

壮大で途方もない闘いだと私は思います。


この講演会をきいて、

ハッとして、グサッときて、ドキッとしました(笑)


これからも悩み、迷い、落ち込むこともありますが、

「言葉のもつチカラ」を信じ、

ココロとカラダを前向きに

いちにちいちにちを一生懸命過ごせたら

いいなと思います。


(成人教育部 中澤)